中小企業で求めるWEBプログラマー

中小企業でのWEBプログラマーに1番に求めることは「自分から進んで最先端の技術を学ぼうとするもの」です。
まず、社員40名程度の中小企業では各課の人数が5〜8名がほとんどです。
その少ない人数で、最新の技術がどんどん生まれてくるWEB業界で最先端の動向を敏感に感じいかに早く自分の技術とし自社に取り入れていくかが大切になります。そのため、誰かが教えてくれるわけではなく自らが進んで学ばなければなりません。依頼された内容をすれば良いというわけではありません。
このような背景があり中小企業でのWEBプログラマーに1番に求めることは「自分から進んで最先端の技術を学ぼうとするもの」です。
また、この最先端の技術というものには枠にとらわれないという意味もあります。
例えば、「自分はWEBプログラマーだからSNS関係のことは知らなくても良い。」という考えではなく「最近SNSでのマーケティングが主流になってきている。自社に取り入れるにはどうしたらよいだろうか。」というように専門の技術の最先端を常に追い求めるのはもちろんのこと専門外のことにおいても世の中の動向をチェックし常に最新を追い求めるそんな人材を求めています。