会社で使う言語を習得している人材を雇うべき

今までシステムやサイトを作ったことがない人を雇って一から作り方を教えることは非常に時間のかかることです。そのためある程度経験のある人を雇ったほうがいいです。あとで後悔しないように自分の企業にとってどんな人が役立つかじっくり考えてから雇うべきです。例えばサイトのデザインを請け負っている会社ならばphpやhtmlの知識がある人を積極的に採用するといいです。もし将来スマホアプリを作る予定のサイト制作会社はjavaの知識を持っている人を積極的に雇うと後で役立ちます。サイト制作しかしたことがない人がシステムを動かすためのソフトを作るためのコードを書くことは難しいことです。プログラミングと一言でいってもサイト制作に使うプログラミング言語とサイト制作に使うものとはまったく難易度が違います。システムを全く作ったことがない学生や社会人がシステムを作るスキルを身につけることは非常に難しいです。そのため、それぞれの会社で使う言語を習得している人材を雇うといいです。