セキュリティエンジニアに求められる人物像とは

セキュリティエンジニアには、以下のような人物像が求められます。

一つ目は、「責任感とモラルがある」。

セキュリティエンジニアは、安全性の核となる部分に携わる職種ですから、責任感と高いモラルを持っていなくてはなりません。

二つ目は、「柔軟な発想ができる」。

データの安全性を保つためには、エラーなどへの対策をしておかなくてはなりません。

しかし、エラーなどの中にはよく起こる物だけでなく、想定外の物も少なくありません。

そういった物に対処するためには、柔軟な発想が不可欠といえます。

さらに、常に情報収集し、技術をブラッシュアップしておく必要もあります。

三つ目は、「コミュニケーション能力がある」。

セキュリティエンジニアの仕事は、一人でコツコツとやる物だと思われがちですが、セキュリティシステムは、顧客が要望しなければ採り入れることができません。

その際は、現場の責任者などと折衝して行く必要があるので、コミュニケーション能力も求められるのです。

IT系の技術者にしてもコミュニケーション能力は求めたい

IT系の技術者に求めた人材像としても、コミュニケーション能力が高ければ望ましいでしょう。いやしかし、IT系の技術者の場合あまりコミュニケーション能力が高い人はいないと思った方がいいでしょうか。

IT業界にしても営業職やカスタマーセンター対応の人ならば、高いコミュニケーション能力を持っていたりしますが、ITのエンジニアの方はちょっと期待できないかも知れませんね。

しかし、「ほう・れん・そう」ぐらいは大事ですよ。高いコミュニケーション能力を要求しないまでも「ちゃんと伝える(前もって!)」ということは、とても大事なことでしょうよ。けれど、「前もってちゃんと伝えること」ができないエンジニアは意外と多かったりするのです。

そして納期ギリギリになって「あ、まだできていません」とか言い出すんですよー。それがもう本当に勘弁してほしいというものでしょう。コミュニケーション能力がないまでも、無理っぽかったらその時点でちゃんと「ほう・れん・そうだ!」と、思ってしましますよ。

ですからIT系の技術者についても求めたい人材像は、最低限のコミュニケーション能力ですね。必要ないわけではありませんので。

ネットワークエンジニアに求められる人物像とは

ネットワークエンジニアには、以下のような人物像が求められます。

一つ目は、「論理的な思考ができる」。

ネットワークを設計する際は、障害が起きても対応できるよう最適な状態を考えなければなりませんし、もし障害が起きた場合は、その種類などを特定しなければなりません。

こういった作業を行うには、論理的な思考ができる必要があります。

二つ目は、「接続相手との調整ができる」。

ネットワークの利用は、誰かと通信していることが前提になりますが、違うコンピューター同士でデータのやり取りなどをするには、何らかのルールがなければなりません。

これを専門用語で「プロトコル」といいますが、特にマルチベンダのシステムを扱う場合は、「RFCの何番を使っているのか」などということまで確認できなくてはなりません。

三つ目は、「巨視的な視点を持っている」。

グローバル化の進展により、海外拠点とのネットワークシステムを構築するようなケースもあるので、広い範囲を見渡せる視点も持っていなくてはなりません。

サポートエンジニアに求められる人物像とは

サポートエンジニアには、以下のような人物像が求められます。

一つ目は、「サービスについて技術レベルでの知識がある」。

ここでいう「技術レベル」とは、基本的な動作にとどまらず、背後でどういったソースコードが動いているのかなどのことを指します。

これらが理解できていないと、一部の顧客から寄せられたバグに対する問い合わせなどに答えることができません。

二つ目は、「データベースについて知識がある」。

「サービスとしては提供していないが、一部の顧客のメールアドレスを変えたい」という場合、特定のデータにアクセスして更新する必要がありますが、それにはデータベースの知識が不可欠です。

三つ目は、「コミュニケーションスキルがある」。

これは、一般的なサポートと同じです。

しかし、一般的なサポートでもコミュニケーション能力が低い人は意外と多いのですが、サポートエンジニアは専門的な内容を簡潔に説明できなくてはならないので、特に高いレベルの物が要求されます。

IT技術者に求めたいのはプレッシャーに強い人

採用側としても、現場で一緒に働くITエンジニアとしても、IT技術者にもとい「プロジェクトリーダー」に求める人物像としてはやっぱり、「バックれない人」を推したいと思います。

いやもう、本当に経験した人にしかわからないことだとは思うのですが、金額的にも内容的にも結構大きなプロジェクトで途中でバックれてしまったプロジェクトマネージャーがいましたからね。本当に困ったことになりましたもん。

プロジェクトマネージャーとして、そのプロジェクトの最重要な責任をおっていることのプレッシャー、そしてさらには納期までに案件をあげなくてはならないプレッシャー、部下をまとめなくてはならないプレッシャー、仕事が遅れている部分についてどうにかしなくてはならないプレッシャーと、プロジェクトマネージャーのプレッシャーはとてつもなく大きなものだとは思います。

しかし「途中で逃亡するのはやめてよー」と、本当に思ってしまいますよ。逃亡したい気持ちはわからなくもないですし、共感する部分の方が多いのですが、しかしプロマネ逃亡だけは本当に辞めてほしいです。なにがどうしてもいて欲しいのですよ。

IT技術者としてプロマネだけではないにしても、「ひとつの案件を最後まで果たしてくれること」は求めたい人物像ですよね。限界ギリギリまで言わないのも困りますが。ですから責任意識よりも「プレッシャーに強い人」が求める人物像でしょうか。

IT技術者に求めるものはバックれないこと

IT会社の採用担当者がIT技術者に求める人材像といえば、端的にいえばまず「バックれない」ということでしょう。冗談を言っているかのように伝わるかも知れませんが、いやもう本当に平気でバックれるIT技術者はいるんですよ。というか、確率的には多いようにも思います。

私もIT仕事に携わる前は職場放棄するような人間がいるなんてことは信じられないことでしたが、しかし実際にいるんですから。というか、IT業界に携わるようになってから、職場放棄する人間がいたとしても、驚かなくなってしまうようになりましたね。

と、いうか、そもそも、今改めて思ってみましても、「職場放棄するIT技術者がいても驚かなくなった」ということに、まず驚くべきだと思いました。

ですからやっぱりまずは、IT技術者の求人に応募して来た人に対して求めることは、「職場放棄しなさそうな人」「責任感がある人」ということでしょうか。他には、「周囲との人間関係を円滑にできる人」だったりと。スキル以外のところの方が求めるものは多いかも知れませんね。

実直に取り組む姿勢

IT企業が学生を採用する際にチェックするのはなんといっても実直にタスクに対して取り込むことができる人材かどうかです。シンプルで多少マンネリ化してしまうような仕事であってもきちんと取り組むことができるか、粘り強く取り組むことができる人材でなければ長く企業に対して貢献することができません。 IT企業が学生を採用する際にチェックするのはなんといっても実直にタスクに対して取り込むことができる人材かどうかです。シンプルで多少マンネリ化してしまうような仕事であってもきちんと取り組むことができるか、粘り強く取り組むことができる人材でなければ長く企業に対して貢献することができません。
下積みの仕事もきちんとできて、その間にマネジメントする能力をしっかりと身に付けるような感覚を持っている時直の学生がなんといっても器用にとっては必要になってきます。IT技術者のスキルだけではなく人的なコミニュケーションスキルが間違いなく重要になってきます。

IT系人材に求めるポイント

IT系人材に求めるポイント、もちろん優れた大学の研究室を出ていることや研究テーマをこなしてきた事は大きなポイントになります。しかしながら、社会人としてチームやプロジェクトで仕事を行っていくにあたっての人間性、コミニケーション能力は絶対に必要になってきます。特に理系の学生は文系の学生に比べてコミニケーション能力が小鳥勝ちですから、学生時代に様々な活動を通じて円滑のコミニケーションや対人折衝能力を備えている人材は非常にポイントが高くなります。 小鳥勝ちですから、学生時代に様々な活動を通じて円滑のコミニケーションや対人折衝能力を備えている人材は非常にポイントが高くなります。またIT技術者としてのスペシャリストの観点だけではなくゼネラリストとして経営を将来任していく人材であるかどうかと言うところもしっかり見られていることを気をつけなければなりません。だからこそ、学生時代には研究室以外の活動も重要になってくるということです。 だからこそ、学生時代には研究室以外の活動も重要になってくるということです。

どこかが尖った人材

現在は言わずと知れた売り手市場です。もちろんのことながら理系の新卒学生を中心としたIT系の技術者の採用もなかなか企業としては厳しいところです。もちろん、全てにおいて満点の学生を採用してくるのは難しいのでどこか尖った部分を持っている学生を採用することをポイントにしたいと考えます。ではどのようなポイントが尖っていれば有利になるでしょうか。
もちろん尖っていなくても伸びる要素があればそれはそれで大きなポイントになります。わかりやすいのは面談をしたときに素直で対人コミニュケーション能力がしっかりしているかどうかと言うポイントになります。こうした人材であれば伸びしろがありますので採用時点で全てが満点でなくても評価される可能性が大きくなります。
採用する側も長い目で人材を確保したいと考えていますのでその時点の伸びしろをどれだけ見ることができるか、これは若い学生にとっては非常に大きなポイントになってきます。

セキュリティを高くするスキルをきちんと持っているプログラマを雇ったほうが無難

ホームページ制作会社が多くの利益を得るためにはなるべく単価の高い依頼を請け負うべきです。やはり静的なホームページよりもプログラミング言語で作られた動的なサイトやアプリの方が単価が高いです。動的なサイトを作るためにはphpなどで書かれたコードを使えばいいです。また、企業が持っているデータを使ったコンテンツを作るために必要なのがデータベースを使えるスキルです。データベースを自在に使えるようになればかなり多くのデータを扱えるようになります。企業がデータベースを使ったサイトを望むときには特にセキュリティの高さを気にします。そのため、データベースを扱えるだけでなくセキュリティを高くするスキルをきちんと持っているプログラマを雇ったほうが無難です。データベースのスキルが高い人を雇いたい会社はデータベースの資格を持っている人を雇えば失敗が少ないです。静的なサイトしか作ったことがない人がデータベースを使えるようになるのは時間がかかるのでデータベースを使えるデザイナーを雇って損はないです。