プログラマー的なスキルを持っているデザイナーを雇った方が役立つ

多くの企業がネットでビジネスをしています。ネットでビジネスをするためにはホームページを作ってユーザーに自社のサービスをアピールする必要があります。そのため多くのWEB開発の依頼があります。ホームページ制作会社が企業からのたくさんの依頼を請け負うためにはたくさんのデザイナーを雇う必要があります。ホームページをデザインするためには画像加工ソフトやhtmlを使えるようになる必要があります。静的なホームページを作ることは比較的簡単です。しかし、多くの企業は動的なホームページを望んでいるのでプログラマー的なスキルを持っているデザイナーを雇った方が役立ちます。例えば、phpのスキルが高い人は動的なホームページを簡単に作れるので、積極的に雇うといいです。phpで作れるものの中には会員登録が必要な通販サイトやアプリなどいろいろあるので、静的なウェブページだけしか作れないデザイナーより作れる物が多いのはphpを使える人のよいところです。

IT技術者の求人採用のポイント

IT技術者の方で経験者として転職するケースもとても多いです。また、経験者とは別に未経験で応募する方もいます。まず、最初になぜ転職しようと思ったのか、そう考えるようになったきっかけを質問するようにしています。何か原因があって転職を検討するようになりますし、IT系はスキルを伸ばすこともでき、やはり技術習得したエンジニアの方を採用して会社でしっかり教育して仕事をしてもらいたいと考えているので、資格取得に積極的でスキルを磨いて伸ばしたいと考えるなど、様々な部分をしっかり伸ばしていくことは大切になります。転職活動する際には、自分の特技や会社でどういった仕事をしたいかなど、きちんとビジョンを持って転職を検討している方は採用する側からしても魅力的な人材になります。また、未経験の場合もIT系でどういった仕事をしたい、スキルを身につけたいなど入社後のイメージを持っていると仕事に対する意欲を感じるので魅力的にうつります。

IT系の技術者に求めるもの

IT系の技術者の転職活動はとても多く、やはり欲しい人材は技術力ある方やスキルを持っている方は魅力的です。今まで勤務していた会社で色んなOSで作業していますし、色々と技術力を習得しているとネットワークの設定やデーターベース構築、ソフトウェアの作り込みなど様々な業務を経験している場合、転職後は率先力もあるため、かなり充実した技術を伸ばすことができます。また、転職後には新たな環境で仕事ができるので、重宝されるようになります。スキルがあり、資格を習得している技術者は採用する側も魅力的な人材ですし、やはり活躍してもらいたいので、採用するケースが多いです。また、どうして転職しようと思ったか、会社を選んだ理由、入社した後にどういったことをしたいかなど色々と検討することになります。ビジョンを既に持っていると計画的に転職後も職場でスキルを伸ばすことができますし、新たな人材を得ることで会社も更に伸びていきます。

IT技術者に求めるものとは

IT技術者を採用する場合、新卒を採用するケースは、全くの初心者でも資格取得を既に保有していたり、大学や専門学校でプログラミング経験者などはかなり優遇されます。自分でホームページ作成したり、会社入社後もしっかり技術者として伸びそうな人材を採用するケースが多いです。プログラミングなど既に経験があると色んな言語を習得するのも早いですし、プログラミングのベースはにている部分が多いので、仕事で活躍してくれることも多いです。IT技術者として新卒を採用する際には、やる気や入社後に何をしたいかなど、ある程度ビジョンを持っていると入社後も活躍できる場を設けることができますし、やる気もキープすることができるのでテンションも維持できます。仕事はハードな部分もあるため、IT業務に抵抗感なくポジティブな気持ちで仕事に対してやる気を持っていう方は入社後もかなり技術力アップすることができますし、チームでも活躍するはずです。

会社で使う言語を習得している人材を雇うべき

今までシステムやサイトを作ったことがない人を雇って一から作り方を教えることは非常に時間のかかることです。そのためある程度経験のある人を雇ったほうがいいです。あとで後悔しないように自分の企業にとってどんな人が役立つかじっくり考えてから雇うべきです。例えばサイトのデザインを請け負っている会社ならばphpやhtmlの知識がある人を積極的に採用するといいです。もし将来スマホアプリを作る予定のサイト制作会社はjavaの知識を持っている人を積極的に雇うと後で役立ちます。サイト制作しかしたことがない人がシステムを動かすためのソフトを作るためのコードを書くことは難しいことです。プログラミングと一言でいってもサイト制作に使うプログラミング言語とサイト制作に使うものとはまったく難易度が違います。システムを全く作ったことがない学生や社会人がシステムを作るスキルを身につけることは非常に難しいです。そのため、それぞれの会社で使う言語を習得している人材を雇うといいです。

中小企業で求めるWEBプログラマー

中小企業でのWEBプログラマーに1番に求めることは「自分から進んで最先端の技術を学ぼうとするもの」です。
まず、社員40名程度の中小企業では各課の人数が5〜8名がほとんどです。
その少ない人数で、最新の技術がどんどん生まれてくるWEB業界で最先端の動向を敏感に感じいかに早く自分の技術とし自社に取り入れていくかが大切になります。そのため、誰かが教えてくれるわけではなく自らが進んで学ばなければなりません。依頼された内容をすれば良いというわけではありません。
このような背景があり中小企業でのWEBプログラマーに1番に求めることは「自分から進んで最先端の技術を学ぼうとするもの」です。
また、この最先端の技術というものには枠にとらわれないという意味もあります。
例えば、「自分はWEBプログラマーだからSNS関係のことは知らなくても良い。」という考えではなく「最近SNSでのマーケティングが主流になってきている。自社に取り入れるにはどうしたらよいだろうか。」というように専門の技術の最先端を常に追い求めるのはもちろんのこと専門外のことにおいても世の中の動向をチェックし常に最新を追い求めるそんな人材を求めています。